FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
さらに激しくクチョクチョと、まるでソーセージでもこねるみたいに
僕のペニスをしごくA美さん。
「ああっ・・・せんぱい・・すごい」
「もうガマンせずに、イっちゃっていいのよ。
 ほらほら、力んでないでリラックスして」
緊張をほぐすように、A美さんは左手で僕の下腹部や腿を撫でさすって、
射精をうながす。
そして、まもなく、
「あああっ・・・!」
僕は限界を迎えた ――。
 

<< 逆援妻をトイレに連れていき | Home | フリルのついた逆援 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。