FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
心の中で私が私に語りかけました。

入学式に向かう桜の並木道、
勇気を出して、初めて逢う新入生さんに声を掛けてみました。

「おっ・・・おはようございます・・・。」
「え・・・、あ、おはよう・・・。」

突然の私の挨拶にきょとんした顔でその新入生さんは返事を下さいました。

『やったぁ・・・!返事が返ってきたよぉっ!』

それだけで私はとても嬉しかったのです。
入学式ではもっと思い掛けないこともおきました。

入学式の列席に私を嫌っているはずのお母さんの姿を見つけたのです。
迷惑を掛けることはできないと思っていた私は日程の連絡はしていましたが、
中学の卒業式、高校の入学式共に
保護者列席のお願いはしていませんでした。

その頃怒鳴られることは無くなってきていましたが、
相変わらず会話の無い関係は続いており、
時々垣間見るお母さんの顔はいつも悲しい憂いを帯びていました。
 

<< 逆援クリトリス | Home | 逆援はテーブルの下 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。