FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
高校時代はアパート生活だったんだよね。
学生寮っていうのかな。
そういうのが沢山建っているところでさ。
だから結構一人暮らしを満喫できた。友達も気兼ねなく誘えるし。
付き合ってた女の子も何度か遊びに来てたわけよ。

その日も彼女(っていうか、仲がいい友達)が遊びに来ててさ、いくら何度も来てると言っても、
やっぱし結構どきどきするわな。
部屋狭いからテレビを見るにはベッドに腰掛けるしかないし。
そうしたらな、東洋医学の特集番組が始まったわけよ。

東洋医学ってのは、まあ要するに針灸とかツボのアレだよ。
水着のネーチャンを実験台にして「やせるツボ」を押したり。
んで、ツボ師がビートたけしに突っ込まれたり。

それ見てたらな、彼女、由紀っていうんだけど、そいつが「
私もやってみようかなー」
なんて言い出したわけよ。
んで、
「背中は俺が押してやるよ」
っ感じになったわけだ。
由紀は
「ちょっと怖ーい」
とか言いながらも素直に腹這い。
俺は堂々と触れるだけでもラッキーだし、嬉々としてツボ押し。
けどな、
「痛ーい」
とか
「くすぐったーい」
とか聞いてるとだんだん精神がケモノと化してくるわな。
そりゃ。
スカートも結構危ないところまでめくれてたし。

でな、わき腹のツボを強めに押したときに由紀が
「キャッ!」
とか言ってのけぞるわけですよ。
もうこうなるとツボ押してるんだかくすぐってるんだかわからん。
わき腹を起点にして揉む。揉む。

完全に調子に乗った俺は
「胸を大きくするツボ~」
とか言って胸揉みまで開始。
これ、それまでの付き合いの一線を越えた行為。
由紀もさすがに焦って
「こらっ」
と身をすくめて抵抗。
 

<< 逆援ドライブ | Home | 逆援 感じます >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。